年金共済≪ひろがり≫ 拠出型企業年金保険

資料請求

年金共済《ひろがり》は、豊かな老後を送るために若いうちから積み立てをする共済制度です。

  • 豊かなライフステージ
  • 安心なセカンドライフ
  • ≪ひろがり≫の3大特徴
  • 加入資格と制度
  • ご加入に際して
  • 年金受給コース
  • 掛金シミュレーション
  • 退職時の手続きにあたって

年金共済≪ひろがり≫の3大特徴

年金積立に適した長期の運用
毎年予定されている最低限の利率に、その年の運用実績による配当利率を加えたものが、年間の合計利回りです。
さらに、万が一のときも安心!運用は保険会社5社に分散しており
万が一、委託生命保険会社が破綻しても「生命保険契約者保護機構」が契約者を守ります。

委託生命保険会社
日本生命富国生命太陽生命第一生命明治安田生命
柔軟な積立金で賢く着実に
月々の積立+任意積立で柔軟に積立が可能です。
・積立は月々2,000円から始められ、掛金の変更も可能です。
・ボーナス時など、まとまったお金ができたときには特定の期間中に任意で積立をすることができます。
急な出費でも安心
急な出費があり積み立てているお金が必要になった時にも
積立金の一部を受け取ることが出来ます。
(20万円以上1万円単位で積立金額の90%以内)
数ヶ月、数年は引き出しができない、などという積み立て方式と違い
安心して積み立てることができます。

ご加入者が万一死亡された場合、遺族年金または遺族一時金をお受取りいただけます。

例えば30歳のときから毎月5,000円の積立と任意積立5万円(年2回)をすると、下記のような運用になります。

経過年数 払込掛金累計 積立金額 利息分
1年後 160,000円 約157,000円 約-3,000円
3年後 480,000円 約478,000円 約-2,000円
5年後 800,000円 約808,000円 約8,000円
10年後 1,600,000円 約1,667,000円 約67,000円
15年後 2,400,000円 約2,582,000円 約182,000円
20年後 3,200,000円 約3,556,000円 約356,000円
30年後 4,800,000円 約5,695,000円 約895,000円

30年間の積立期間で480万円(払込金額)が約569.5万円になります。

<元本割れについて>

月払掛金・任意積立については預貯金のようにそのまま積立てられるのではなく、一部が労連共済本部の制度運営費(1.0%)、また委託生命保険会社の付加保険料(事務手数料 約1.3%)を差し引いた掛金を積立額として、委託保険会社が運用します。なお、運用利率(配当)を含めた積立金額から委託保険会社の付加保険料が差し引かれます。そのため積立期間によっては、積立金額が払込金額の合計額を下回ること(元本割れ)があります。

<年金(据置)受給について>

●海外移住をご検討の方へ
海外移住(居住)される場合、日本国内に連絡できる家族(親族2親等)が居住し、日本国内に受取口座がある方が年金(据置)手続きをすることができます。この条件がない方は全部解約の取扱いになります。また、年金受給(据置)後に、海外移住(居住)された場合も、先に述べた条件が必要です。もし、条件を満たさない場合は一時金のお手続きをお願いすることになりますのでご了承ください。

予定利率について
金利水準低下、その他著しい経済変動等、当該保険契約の締時に予見し得ない事情の変更により、引受保険会社が特に必要と認めた場合において、
保険業法および同法に基づく命令の定めるところにより、主務官庁に届けたうえで基礎率(予定利率・予定死亡率等)を変更することがあります。

配当金とは
・年金受取開始後に配当金が生じた場合、年金の増額(増額年金)にあてられます。
・掛金払込期間中に配当金が生じた場合、積立金の積増にあてられます。
・毎年の配当金の水準は、引受保険会社におけるお支払時期の前年度決算によって変動します。
また、決算実績によっては、配当金をお受取りになれない場合もあります。
年度途中で脱退される場合、その年度の配当金はお受取りになれません。


このページのTOPへ移動する