年金共済≪ひろがり≫ 拠出型企業年金保険

資料請求

  • 豊かなライフステージ
  • 安心なセカンドライフ
  • ≪ひろがり≫の3大要素
  • 加入資格と制度
  • ご加入に際して
  • 年金の受取コース
  • 掛金シミュレーション
  • 退職時の手続きにあたって

安心運用 安心なセカンドライフを送るために

豊かで穏やかな老後を送るために十分な年金資金は人によって様々です。公的な年金制度によって受け取ることができる年金は、長期にわたって最低限度の生活保障を行うという趣旨のもので、もちろん海外旅行や温泉巡りの費用は含まれていません。

共済事業本部が提案している年金共済≪ひろがり≫は、わたしたちの豊かなセカンドライフを実現するための年金です。
2人以上の無職60歳以上の世帯の1か月の年金等の収入は約17万円、支出が27万円(平成22年総務省家計調査)、毎月5万円の不足だそうです。
年金共済≪ひろがり≫は、現在の年金制度だけでは実現できない、豊かで夢のある老後を迎えるための備えです。

セカンドライフにかかる費用

老後に出ていくお金は、具体的には大きく2つに分かれます。
まずは毎月の生活費。そして、その他の支出(医療費・介護費、住宅の修繕費、お葬式代など)です。

総務省の家計調査では、老後生活の平均的な月額の支出額は2人以上世帯で約25万円、単身世帯で月約15万円です。家族構成やライフスタイルにより必要な支出額は変わりますが、現役時代の生活費の70〜80%程度と考えるとよいでしょう。老後はブランド物やドレスが欲しいなどといった欲求が自然と減ってくるからです。

セカンドライフの 「支出額を知る」 ためのご参考

【公的年金の受給平均額】

セカンドライフの主な収入は公的年金です。公的年金の受給額の平均は、左図の通りになっています。
今の高齢者と同じくらいの条件の年金がもらえるのか心配という人もいるかもしれません。たしかに、現役世代が老後を迎えた頃には年金の支給開始年齢が70歳になったり、支給額が2割ないしは3割カットされたりするという可能性も考えられます。

 

どれくらい積立てれば?確定年金シミュレーション

退職までにどれだけ積み立てれば、年金共済≪ひろがり≫で年金を受け取る事ができるかな…、といったお悩みは確定年金シミュレーションで解決しましょう!
月に受け取りたい希望金額と、年金コースを入力して頂ければ、年金原資額が計算できます。

入力項目

月に受け取りたい金額: 万円 確定年金コース:

シミュレーション結果

年金原資額 万円

  • 豊かなライフステージを送るためには

より詳しい積立シミュレーション、資料請求、加入方法はこちらから。


このページのTOPへ移動する